産学官建設技術交流会とは

産学官建設技術交流会は、九州における産業界、大学等、及び行政の関係者がオープンな形で集い、情報交換、意見交換等の活動を通じ、建設分野における新技術の開発、活用、普及の推進並びに産学官で共有する技術課題の克服等に寄与することを目的として設立された組織です。
産学官で協働の事務局を構成し、各機関等からの研究発表や共有する技術課題の意見交換等を中心とした交流会を年4回程度開催しております。

産学官建設技術交流会 詳しくはこちらから

Top > 活動情報

活動情報

平成20年度 第3回 九州建設技術交流会

挨拶
産学官建設技術交流会会長(九州大学理事・副学長)      落合 英俊
話題提供
「港湾整備を支える技術の現状
(社)日本埋立浚渫協会九州支部 東亜建設工業(株) 石川 泰朋氏
大山ダム堤外バイパスの基礎処理結果について
(独)水資源機構筑後川局 大山ダム建設所 波多野 圭亮氏
鋼構造部材のさび厚と腐食挙動の相関関係に関する基礎的 研究
福岡北九州高速道路公社 福岡事務所 片山 英資氏
中国四川大地震のおける土砂災害
九州大学大学院工学研究院准教授 陳 光斉氏
意見交換
~「総合評価落札方式における技術評価」に関しての意見交換~
閉会